フォトアルバム
Powered by Six Apart

« 2006年1月 | メイン | 2006年3月 »

2006年2月27日 (月)

庭の梅

早いもので2月も明日で終わりとなりました。
出水の鶴も天気のいい日は集団で北帰行している様だ。
車で走っているといろんな花が咲き、春だなあと実感させられる。
東北や北陸あたりではまだ雪がだいぶ積もっているようだが、これから暖かくなると
雪崩が心配になってくる。昨日もTVのニュ-スで報道していた。
大きな事故の無いように願っています。
自宅の庭に小さな下がり梅が8分咲きになったのでアルバムにUPしてみました。
5年くらい前に近所から接ぎ穂を頂いて私が枝接ぎしたものです。

2006年2月22日 (水)

確定申告

毎年悩まされる確定申告がやっと今日午前中に済ませてきた。これで一安心だ。
毎年の事だから前から少しずつやっておけば苦労しないで済む事なのに、やっぱり
期限が近くならないと始める気がしない。
これが釣りのように楽しいものだったらきっと、もっと早くからやっていることだろうと
毎年思う。しかしこれから一年間はこれから開放されることになる。

2006年2月19日 (日)

小さな春

今日事務所の庭でサクランボの蕾が膨らんで中には2・3輪開花していた。
先週あたりからだいぶ蕾が大きくなって、ピンク色に変わっていた。
真っ赤な色のヒカン桜は今は満開だが、その次に咲くのがサクランボでその後に
しばらくしてから山桜が咲きそして待望の吉野桜が咲き、八重桜が咲き桜の時期が終わる。中には秋に咲く桜もあるようだ。よく狂い咲きと言うのを見かけるが、そうではなくて
当たり前に秋に満開となる品種らしい。水俣のゴルフ場に2本あったのを記憶している。
これから春本番に向けて梅から始まり桃屋つつじ等の花々が楽しませてくれる。
また花粉症にも悩ませられる季節になってくる。楽しみが半分苦しみが半分である。Sakura

2006年2月17日 (金)

釣れない悩み

2月には行って2回の釣行で2回とも築の島のクロにきらわれてしまっている
1月の頃に釣ったクロのお腹は卵は入っていたがまだ小さかった様な気がする。
まだ産卵をするような気配は無かった。産卵前の荒食いの様な気がしていた。
しかし2月に入ってクロのあたりがぴたりと止まった。
いったいどう言う事なんだろう。
昔 笠沙町の野間池港より瀬渡しをしてもらって磯釣り(クロ)をしていた頃に
2月頃は地磯に近い瀬が成績が良かった気がする。
夏場は沖側が良かったが、ノッコミの時は岸近くの方が良かった。
しかしこちらでは岸近くではせいぜい足の裏サイズしか釣れない。
今頃の釣りは船より瀬に乗って釣るほうがいいのだろうか。
とにかくもう一度挑戦してみよう。水温の変化等で状況が変わっているかもしれない。

2006年2月14日 (火)

暖かい一日だった

今日はいつものように厚い冬物のシャツを中に着ていたら仕事を始めたら汗が出て
困った。雨前だったからだろうか。
昼前から雨が降り出し4時頃にはやんだ様だった。
梅も花が咲き始めて3分咲きといったところだ。
昨日は鶴の第3陣が500羽位帰ったとニュ-スで言っていた。確実に春に近づいて行ってる
みたいだ。来月に入るとノッコミのチヌの時期になってくるのでまた楽しみが増える。

2006年2月13日 (月)

歩く運動

きのうは久し振りにコバルトスズメと薄暮ゴルフに行って11ホ-ルだけ廻ってきた。
たまにしか行けないので、というか、いつものように、「球の飛んでいく先は球に
聞いてくれ」の常態で右に左にと良く歩く事ができて、とても良い運動になった。(T-T)"
今年こそ念願の100を切りたいところだけど、この調子だとまだ等分は駄目のようだ。
今度万歩計を付けて行ってみよう.

2006年2月10日 (金)

早いものでもう2月も10日過ぎようとしている。
鶴の北帰行も始まったらしい。これから3月の中旬位までにほとんどの鶴が
シベリアに帰ってしまう。
出水の鶴マラソンが今度の日曜日に開催されるが、練習の為参加する人が道路を走っている姿を良く見かける。
種目が、5kmコ-スと10kmコースとフルマラソンコ-スに分かれているらしい。
市の職員やアマチュア無線クラブや多くの人々がボランティアで交通整理や救護班や
給水や連絡等で協力している。参加者も毎年増えてきているみたいだ。
今年も無事に済んでほしい。

2006年2月 6日 (月)

通り雨

今日は朝から東風が強くて雨が降る事は判っていたが、午前10時頃から降り始めて
11時頃には本降りとなり、みるみるうちに川の水が、茶色になり、増水してきた。
取引先の会長さんの葬儀に列席している時に急に雨足が強くなった。
こんな日は列席の人達も大変なものだ。
しかし今日の雨で海も少し濁ったのでは無いだろうか。
適度の濁りでクロの活性が上がって明日は大漁になるのでは・・・
今15時16分にはもう外は太陽が顔を出している。風も納まったみたいだ。
災害が出ない程度にもう少し雨がほしかった。

2006年2月 4日 (土)

海の環境の変化

先日バリが釣れなくなったと書いた事があったが、九州北部地方も磯やけが進んで
いるようだ。昨日コッパグロの釣り日誌(http://www2.saganet.ne.jp/kopaguro/main.htm)というHPをのぞかせてもらったら
バリのことや磯やけの原因など記してあったので興味深く読ませてもらった。
磯が荒れると魚も其処には住めなくなっていく。温暖化が原因なのか、人間が汚した
せいか、海の生物(ウニ・魚等)が原因なのかいろんな説があるみたいだ。
どちらにしても早く原因をつきとめて何か手を打ちたいものです。
話は変わるけど、上記のアドレスで拝見したが、五島列島はいい釣り場がたくさんあって、誰もが釣りに行きたがるはずだと思った。
各地から大勢詰め掛けても、乗礁する瀬の数が多いから、楽に収容する事ができるでしょう。
一度は行ってみたい場所だけど、長い事磯釣りはしていないので、おそらく
行っても釣りにならないことだろう。

2006年2月 1日 (水)

早春を思わせる小雨

今日は気温も上がって、春を思わせるような気候になった。
小雨は降っているが、薄着をしていても寒いと感じない位だ。
このまま暖かくなってくれればいいが、まだ2月に入ったばかりなので
今までは3月までは雪が降る事があったので、まだまだ何度か寒さがぶり返して
くる事だろうと思う。
1月中に急激に気温が下がり雪も降り、海水温度が急に下がったために
クロが食い渋っている様だ。
雪が降ってからは釣果が少なくなったような気がする。
今度の気温の上昇でまた活性が上がってくれる事を祈る。